カラーコード(16進数)で透明度を指定する方法

Androidアプリを作成中に、色の透明度を変えるにはどうしたらいいか調べたので、今回はそのメモです。

 

今まで、例えば黒を表現するには#000000と書いていました。
見慣れた形ですね。左から二桁ずつ、R(赤)、G(緑)、B(青)と割り当てられています。

 

で、本題の透明度を指定するには、RGBの前にアルファ値(二桁)をつけて、aRGBにしてあげればいいそうです。

具体的には黒だと、#FF000000みたいに書きます。
これだと、#000000と変わりありません。いわゆる不透明です。
透明にしたい場合は#00000000と書きます。
すると、100%透明になり、なにも見えません。

つまり、アルファ値が00に近づくにつれて色が薄くなり、FFに近づくにつれてはっきり濃く表現される、ということです。

 

なにに使えるかは分かりませんが、知っておいて損はない…かな。

広告